KEEP MAKING THE WORLD FASHIONABLE 世の中をいつも、おしゃれに
KEEP MAKING THE WORLD FASHIONABLE 世の中をいつも、おしゃれに

生地や資材の調達、パターン作成、刺繍、プリントから縫製までの
ワンストップOEM対応可能
オールマイティな縫製アイテムを、
70年培った縫製技術で製造する次世代ハイブリッド縫製工場

インドアゴルフクラブ福井 Indoor Golf Club Fukui


動機
福井県内で、最新のシミュレーションシステムを使った室内ゴルフ練習場を運営するインドアゴルフクラブさんから、モックネックタイプのゴルフウェアのOEM製造依頼をお受けしました。今までもスタッフ用のウェアなどを作った経験があったようで、その際は無地の既製品を購入し、それにお店の名前やロゴのプリントを入れておられました。ただ、かかるコストは安くて済む一方、より良い生地と納得のいくデザインで高品質なゴルフウェアをオリジナルでつくりたいという想いから今回の製作へと動き出されました。

製作の流れ Production Flow

生地選び

オリジナルのためお気に入りのサイズ感(衿の高さや着丈)でパターンを作成し、また使用する生地もいくつかの種類の中から一番着心地が良さそうなものを選びました。この生地は通称”ダンボール”と呼ばれており、伸縮性が圧倒的に良く、肌ざわりの良いなめらかで、表面のプルンッとしたハリ感も特徴的です。生地の混率はナイロン86%、ポリウレタン14%で、シワにもならず、洗濯後は干すだけでOKなのでお手入れもとても簡単です。

プリント加工の検討

生地の色は黒にして、衿と前身に「I.G.C(Indoor Golf Club)」のロゴを白で転写プリント加工しました。見た目はシンプルでシックに、そして生地もストレッチ性が高いことでゴルフをするための機能性を備えています。インドアゴルフクラブさんを利用するお客さんの数も増えており、またおしゃれで機能性の高いゴルフウェアを探しているお客さんの声も聞くようで、今後はお店のオリジナルウェアとして販売も計画しているようです。

ゴルフウェアならではの首元

ゴルフでは「襟付き」がマナーとされていましたが、「首元の窮屈さ」や「夏場の暑さ」から解放されるなどの理由から、モックネックが少しずつ浸透し、カジュアルにゴルフを楽しむ人も増えてきました。このようなゴルフのイメージとも結びつく首元にプリントを施しモックネックを強調することで、インドアゴルフクラブさんの理念を表現することにも繋がっています。

お問い合わせ
0778-23-1211
受付時間 8:10 - 17:00 土・日・祝・弊社休業日を除く