KEEP MAKING THE WORLD FASHIONABLE 世の中をいつも、おしゃれに
KEEP MAKING THE WORLD FASHIONABLE 世の中をいつも、おしゃれに

生地や資材の調達、パターン作成、刺繍、プリントから縫製までの
ワンストップOEM対応可能
オールマイティな縫製アイテムを、
70年培った縫製技術で製造する次世代ハイブリッド縫製工場

インドアゴルフクラブ福井 Indoor Golf Club Fukui


製作物とインドアゴルフクラブ福井さんの説明
私はこの会社で一番長く働いているのですが、
仕事を続けているのは、
やっぱり「縫うのが一番楽しい」からですね。
最近では小ロットの仕事が多く、
その中でも素材が常に変化するし、
縫い方もそれに合わせて考えて、
「ここでこう回せば綺麗に縫える」など試行錯誤して、
うまくいった時は達成感があります。
でも、「この素材なら、こうすればうまくいく」と
予想して作業しても、
なぜかうまくいかないこともあります。
縫製という仕事は、
そんなふうに常にどうすれば良いのかを
常に考え続ける作業なんですね。

製品詳細
今入社される方は、私にとっては孫世代。
新しいミシンを見せる度に、
若い社員さんがいろいろな機能を知ることによって
「こんなことができるんだ」「こうやって使うんだ」と
喜ぶ反応を見ていると、
これから将来が楽しみだなぁと思います。

最近は、仕事に取り組む時に目標の持ち方が
分からない方も多いようですが、
まずはとにかく仕事を楽しんでくれると良いですね。
それほど忙しくない時期には、
自分で最後までTシャツなどを
1枚作ってみるチャレンジの時間

設けることもあります。
結構みんな楽しんでやってくれますよ。
途中経過しか分からない仕事もある中で、
この会社では自分が作ったものが
ちゃんと完成するところまで見届けられますから、
それを手にすることはとても嬉しいものです。
作ったものが最後に形となって残るので、
やりがいを感じやすいのではないでしょうか。

製作の流れ Production Flow

過程1

いろいろな種類の工業用ミシンを使いこなし、服を縫いあげていく仕事です。いくら面白い企画や、アイデアがあっても実際にミシンを踏み、両手で生地を操作しながら縫製できなければ、世の中に喜ばれるモノづくりはできません。縫製が好きで、ミシンに没頭できる人だけが素晴らしい技術を持つ職人になることができます。その技術は誰にも盗まれることがない、あなただけのものです。

過程2

パタンナーが作成したパターンを受け取った裁断の職人は、生地を裁断し、各パーツを縫製の職人へと渡します。縮む生地、伸びる生地、厚い生地、薄い生地、それぞれの特性に合わせた繊細な技術がないときれいな裁断はできません。正確に裁断された各パーツが揃い、縫製の技術力が合わされば品質の高い製品ができあがります。きれいに縫製された製品の陰には、裁断職人の技術力が必ずあります。

過程3

コンピューターソフト(CAD)を使い、パターン(型紙)をつくります。パターンを基に裁断、縫製されるのでパターンの精度は製品の出来栄えに大きく関係します。縫製の仕方について細かく書かれてある縫製仕様書の作成も行います。縫製の知識がないとパターンが作れないため、縫製の技術も兼ね備え、縫製工場の中心的な役割を担います。服飾学校で縫製やパターン作成を学んだ学生や、他の職場で経験を積んだパタンナーからの応募が多いです。

過程4

市場のニーズを基に、マーケットイン的思考で顧客目線のデザイン、企画を行います。縫製工場が社内に企画デザイナーを抱えることは、スピード感のあるモノづくりができる大きな強みです。縫製を切り口としたモノづくりには、市場に楽しさや喜びを届けられる大きな可能性があります。世の中をいつもおしゃれにする企画とデザインを、これからもたくさん提供していきましょう。

過程5

いろいろな種類の工業用ミシンを使いこなし、服を縫いあげていく仕事です。いくら面白い企画や、アイデアがあっても実際にミシンを踏み、両手で生地を操作しながら縫製できなければ、世の中に喜ばれるモノづくりはできません。縫製が好きで、ミシンに没頭できる人だけが素晴らしい技術を持つ職人になることができます。その技術は誰にも盗まれることがない、あなただけのものです。

過程6

パタンナーが作成したパターンを受け取った裁断の職人は、生地を裁断し、各パーツを縫製の職人へと渡します。縮む生地、伸びる生地、厚い生地、薄い生地、それぞれの特性に合わせた繊細な技術がないときれいな裁断はできません。正確に裁断された各パーツが揃い、縫製の技術力が合わされば品質の高い製品ができあがります。きれいに縫製された製品の陰には、裁断職人の技術力が必ずあります。

過程7

コンピューターソフト(CAD)を使い、パターン(型紙)をつくります。パターンを基に裁断、縫製されるのでパターンの精度は製品の出来栄えに大きく関係します。縫製の仕方について細かく書かれてある縫製仕様書の作成も行います。縫製の知識がないとパターンが作れないため、縫製の技術も兼ね備え、縫製工場の中心的な役割を担います。服飾学校で縫製やパターン作成を学んだ学生や、他の職場で経験を積んだパタンナーからの応募が多いです。

過程8

市場のニーズを基に、マーケットイン的思考で顧客目線のデザイン、企画を行います。縫製工場が社内に企画デザイナーを抱えることは、スピード感のあるモノづくりができる大きな強みです。縫製を切り口としたモノづくりには、市場に楽しさや喜びを届けられる大きな可能性があります。世の中をいつもおしゃれにする企画とデザインを、これからもたくさん提供していきましょう。

お問い合わせ
0778-23-1211
受付時間 8:10 - 17:00 土・日・祝・弊社休業日を除く